今まで多くのCS患者さんから聞いたお話や私自身、町の電気屋としての経験から電気関係についてご説明したいと思います。

エアコン
エアコンには標準型と自動清掃型の2種類ありますがいずれも定期的な洗浄が必要だと考えます。
汚れはフィルター裏側と送風口の奥にある円筒形のファンドラムがカビが繁殖しやすく
特にファンドラムは複雑な構造なので洗浄でしか綺麗になりません。
ご自分で洗浄するなら弊社のエアコン洗浄セットで綺麗になります。

出張エアコン洗浄では大半の業者が化学薬品を使っています。
無添加の・・・ 天然成分を含む・・・ レモン果汁の・・・など
いかにも天然由来をイメージさせる商品名であってもほぼ化学薬品が含まれていますのでご注意ください。

もちろん弊社の純せっけんは正真正銘安全です。
(※純せっけんとは化学薬品を一切含まない脂肪酸ナトリウムまた脂肪酸カリウムで作られたせっけんという定義です)

最近は密閉率の高い住宅が増えており窓を閉め切る習慣もありカビの繁殖は年々激しくなっています。
1年でカビで真っ黒になるることは珍しいことではありません。もしエアコンをつけると咳やくしゃみなど出るようなら早急に洗浄してください。
カビが原因の肺炎で死亡に至るケースもあります。(真菌性肺炎)

エアコン使用後には窓を開けて換気したり
送風運転で2時間以上回すなど内部の乾燥は重要です。
またリビングは特に湿度が高いので普段の換気は重要です。

フィルターの清掃はできれば月は1回程度行ってください。
キッチンやリビングについているエアコンは特に汚れやすい環境にあるので洗剤のつけおき洗いで油分を取るようにしてください。

関連ブログ
1 化学物質過敏症患者さんのエアコン買い替えのご参考に
2 今エアコンが止まったら 化学物質過敏症患者さんの場合
3 化学物質過敏症患者さんのおうちにエアコンを取り付けに行ってきました。
4 エアコンフィルターを舐めてはいけない!
5 あかん家電メーカー


室内換気
マンションや戸建て住宅は気密性が高いので換気は心がけて行いましょう。


レンジフードや換気扇をつけるとエアコンからポコポコ音がしたり隙間からヒューと風切り音がするのは気密性が高いときにおこる現象です。
このときに近隣の柔軟剤などの臭気を部屋に引き込むことになりますのでやみくもに目張りをしない方がよいと思います。
対策としてベランダと反対側の窓やにおいの少ない方の窓を少し開けることで柔軟剤などの異臭の侵入を防ぐことができます。

エアコンのドレンホースを塞ぐことはおすすめできませんがホースの先にビニール袋をひもなどで固定したあとハサミで切り込みを入れるとニオイが入りにくくなります。よかったら試してみてください。





電磁波
家電品でアースの取れるものはアースをとることが重要です。
特にエアコン、冷蔵庫、洗濯機は重要です。
ただし、問題はそのアース端子がちゃんと地面につながっている良好なアースであるかどうかです。
庭にアース棒を打ち込むのが最良の方法です。


アース以外の方法では以前、エアコン室内機から出る電磁波を抑えるためハイメッシュという布地のような金網で包んでアースをつないだことがあります。
これは効果があり大変喜んでいただきました。

以前、読んだ本でダラス大学の教授の説ですが朝露の庭に裸足で立つことは体に溜まった電磁波がアースするので体に良いと書いていました。
私はこれをヒントに先ほどのハイメッシュ金網を床に敷きアースをつなげば効果があるのではと考え、ある方の部屋で施工したことがあります。施工後に効果があったと聞いています。


家電品プラスチック臭
新品プラスチック臭で体調を崩される方はたいへん多くおられるようです。
特にエアコンや冷蔵庫、洗濯機は事前のベイクアウトは重要だと考えます。
臭気を我慢しようと設置したけど結局体調を崩した方がいましたが
化学物質過敏症患者さんにとって新品家電品は毒ガス発生器と言えるのかもしれません。
冷蔵庫は臭気が抜けるのに相当時間がかかるようです。
ほか不明な点はお問い合わせください。
ベイクアウト⇒⇒


 
化学物質過敏症支援センターHP→→弊社は賛助会員です。